処方箋無しで医薬品が購入出来る理由について

>

処方箋発行時にかかる費用が軽減される

保険適用外である事

医師の処方箋であれば保険適用されており、自己負担額が少なくて済むのですが、処方箋無しの場合は、持っている保険証は使用出来なくなります。
薬局で通常出す処方箋がないと、すぐに医薬品を購入する事が可能ですが、それは自分の状態を把握している人や、病院に受診する時間を省きたい人などに適用されています。
その場合は、医薬品額を全額自己負担となり、購入した医薬品によってはかなりの高額になる可能性もあります。

もし、処方箋無しで医薬品の購入を考えているのであれば、事前に金額の確認を薬局に問い合わせて見ると良いかもしれません。
薬局によっては混雑する場合もあるので、どのくらいの待ち時間があるのかと言うのも合わせて行うと良いでしょう。

限られた薬局のみで購入可能である

まだ全国的に、どこの薬局でも処方箋無しで医薬品が購入出来るわけではありません。
いずれは全ての薬局でいつでも購入が可能になる時代が来るとは思います。
しかし、現在ではまだ状況的に追いついていないのが現状です。

その大きな理由は、負担する金額が大きい事です。
前の記事でも説明したと思いますが、保険適用外な為、購入する医薬品によっては高額な金額になる場合があります。
通常であれば、保険が適用されて負担額はそれぞれ違いがありますが、処方箋無しの場合は基本的に全額自己負担になる為、経済的に余裕がない人にはキツイのです。

処方箋無しでも負担額が少なくて済むような医薬品が今後、開発されて来る可能性もあります。
そうすれば保険適用されていた時のように安心して購入出来るかもしれません。


この記事をシェアする
TOPへ戻る