処方箋無しで医薬品が購入出来る理由について

>

どこでも購入出来る医薬品である

全額自己負担の理由について

医師の処方箋があれば、医師の所見の元により、医薬品が購入出来ますし、医療法に基づいた医薬品なので安く購入出来ます。
ですが、処方箋無しの場合だと、医師の所見もないですし、医療用医薬品ではないので、100%その人の体に合うのか分かりません。
今では多くの正規の医療用医薬品がありますが、成分配合は全て同じではないのです。

ある程度までは真似をして製造しても良いが、正規の医薬品としての製造や販売は出来ないように、きちんと日本の法律の中で定められているのです。
なので、医薬品によって様々な金額が設定されており、保険適用外にする事で全額自己負担で購入して貰い、製造する資金としてある程度の金額を徴収する必要があります。

注意するべき点について

保険適用外なので、全額自己負担になります。
ですが、ここでいくつか使用上において注意するべき事があります。
それは、いくら処方箋無しで医薬品が購入出来るからと言って、いざと言う時の為に、医薬品を買いだめする事はやめた方が良いです。

その理由は、医薬品にも食べ物を同じように消費期限と言うのが決まっているからです。
医薬品は封を一度開けてしまうと、食べ物のようにその期限までに使用しないと成分の効き目が悪くなり、かえって体調を崩してしまう危険性があるのです。
なので、必ず開けたら飲み切る事、どうしても残りそうな感じがする場合は、購入する前によく考えてから、小さいサイズを購入するか、購入するのを考え直した方が良いです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る