処方箋無しで医薬品が購入出来る理由について

>

大災害があった時について

長く服用している人

一つの医薬品を長年服用しており、体がその医薬品に慣れており、副作用を起こす危険性がない人に処方箋無しで医薬品を購入出来る決まりになっています。
いくら自分の体の事を自分が一番よく知っているからと言って、万が一処方箋無しで医薬品を購入して、副作用を引き起こしてしまうと、後遺症が残る可能性もありますし、そうなると、二度と処方箋無しで医薬品の購入と言うのは出来なくなってしまうのです。

その為、処方箋無しで医薬品の購入が出来る人と言うのは限られた条件をクリアした人のみになっています。
医薬品と言っても、薬なので、誰の体にも合うわけではありませんし、体質や体調によって効き目と言うのは人それぞれ違いがあるものです。

医薬品の事を理解している人

一つの医薬品の事について多くの人はどれだけ知識や理解があるのでしょうか?
ほとんどの人は、そんなに医薬品の詳しい事なんて知らない事の方が多いのではないかと思います。

その為、処方箋無しで医薬品の購入が出来る人と言うのは、前の記事でも説明したと思いますが、長年その医薬品を服用しており、副作用を引き起こす危険性がない人や、医薬品についてある程度の知識があり、緊急時でも自分で対処が出来る人のみに許されているのです。
その為、特定の薬局でも薬剤師からその医薬品についての副作用の事について購入する時にいくつか聞かれる事もあります。
少しでも知識がないと判断された場合には、もしかしたら処方箋無しで医薬品の購入が難しくなると思います。


この記事をシェアする
TOPへ戻る